2016年12月18日

すみだ北斎美術館 北斎の帰還−幻の絵巻と名品コレクション

常設展を見終わると お隣の企画展示室に行きます。
hksaikn (3).jpg
ここでチケットの確認。企画展は館内撮影不可
展示室は浮世絵を守るため、暗く 閉じた空間です。
団体さんがいて 入り口から 行列がなかなか進まず。説明文は飛ばして作品に行きます。
奥は空いていましたから わりとゆっくり見ることができました。
hksaikn (6).JPG
開館記念展「北斎の帰還−幻の絵巻と名品コレクション−」
2016年11月22日(火) - 2017年1月15日(日)
すみだ北斎美術館 
東京都墨田区亀沢2-7-2

海外に流失し、最近まで100年近く行方不明だった幻の絵巻「隅田川両岸景色図巻」が目玉です。
7mを超す長さの絵巻が全て広げられています。北斎の肉筆作品中で最長の《墨田川両岸景色図巻》(葛飾北斎筆、1805〈文化2〉年。
両国橋から山谷堀あたりまでの隅田川両岸の景色が洋風の陰影法を使った画法で描かれています。
これはじっくり見ることができました。繊細なタッチで描かれていてこれだけでも見る価値ありです。 保存がよくきれいでした。
壁に複製が 貼ってあったので 文字部分はそれを読むことができます。
hksaikn (7).JPG
「帰還」の意味は二つあり ひとつは幻の絵巻「隅田川両岸景色図巻で 平成27年に再発見され、海外から日本へ里帰りしたこと。
二つ目は 世界に散逸した作品が北斎生誕の地すみだ北斎美術館に再び戻ってきたことです。
序章「北斎のイメージ」
1章「北斎の描いたすみだ」
2章「幻の絵巻−隅田川両岸景色図巻−」
3章「名品ハイライト」
4つの構成です。
hksaikn (5).jpg
4階展示室から3階の企画展示室に行きます。階段です。
ここでもチケット確認です。
今回は 所蔵作品から 北斎の肉筆画、錦絵、摺物、版本等約 120 点を公開。
北斎の代表作品などが 並びます。北斎漫画や 版本なども展示してあります。
hksaikn (2).jpg
休憩できるラウンジ
hksaikn (4).jpg
河童で記念撮影。スカイツリーが見えます。
3階から1階に戻るには エレベーターしかなく これもまた行列です。
階段があってもいいのに なかったです。
エントランスにもどれば やはりチケット買いとエレベーターの行列で ゆっくりするスペースもなくそのまま出ました。
少し落ち着けば このくらいのキャパでもいいのかもしれませんが 初回は混雑しすぎの感が・・・
hksaikn (1).jpg
機会があればまた ゆっくり見てみたいです。
タグ:芸術鑑賞
posted by うめのはな at 07:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 墨田区

2016年12月17日

すみだ北斎美術館 常設

スリットのエントランスに行ってびっくり!
チケット売り場に行列でした。これ雨の日は外に並ぶことになり濡れます。。。。
明るくていいのですが エントランスが狭いのが難点かなぁ〜
エレベーターで4階まで上がるのですが 2基しかなくてここも行列。
オープンして間もないということで 想定外の人が訪れているのかもしれません。
smdhksij (5).jpg
フロアーが分割されているので エントランスがちょっと狭い感じ。
smdhksij (6).jpg
4階が展示室。
まず常設展示を先に見るようになっています。
smdhksij (1).jpg
常設展示入口。
説明用モニターがあって 触れて説明を聞くことができます。
smdhksij (3).jpg
常設展の入り口で見上げると 葛飾北斎筆《須佐之男命厄神退治之図》の推定復元図があります。
smdhksij (2).jpg
ここから展示室に入ります。常設はこじんまりした部屋です。
常設展示会場内は写真撮影も可能(撮影不可の3作品あり)
でも 写真どころか 人・・人・・人の頭しか見えなかった・・・・
中は保護のためかかなり暗いです。
床面に細い光があり 5か国語の作品解説をタッチパネルで見ることができます。
smdhksij (4).jpg
北斎の仕事場の再現
北斎と娘の阿栄(葛飾応為)が絵を描く様子
時折 手が動いてとてもリアルです。
タグ:芸術鑑賞
posted by うめのはな at 07:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 墨田区

2016年12月16日

北斎通り〜すみだ北斎美術館

大江戸線両国駅の前の通りをまっすぐ 錦糸町方面へ歩きます。
hokusaib (1).jpg
北斎通りです。東京都墨田区の亀沢は葛飾北斎生誕の地です。ここも無電柱化済の通りです。
hokusaib (4).JPG
信号 3つ目が緑町公園。
hokusaib (2).JPG
緑町公園付近は、江戸時代に弘前藩津軽家の上屋敷があった場所です。
hokusaib (3).jpg
緑町公園の半分くらいに すみだ北斎美術館 が建設されました。
美術館建設にあたり埋蔵文化財調査がおこなわれました。
hokusaib (5).JPG
葛飾北斎生誕の地の案内板
江戸時代後期の浮世絵師、葛飾北斎はここ本所割下水(現在の亀沢町1、2丁目)で生まれました。
北斎は生涯で90回以上の引っ越しを繰り返し、そのほとんどが故郷の墨田だったといわれます。
北斎のほかに画狂人など30以上の画号を使い 遠くヨーロッパのゴッホや印象派の画家に影響を与えたと言われています。
前は 北斎通りの あられやさんの壁にあったのですが美術館側に 移動したのでしょうね〜
hokusaib (8).jpg
北斎が生まれた場所に建つ銀色の美術館 です。
設計は建築家の妹島和世。
建物は、ユニークなアルミの外装。
大きな1棟ではなく、 三角の切れ込み(スリット)で分割した建物で周囲の街並みのスケールに合わせている。
hokusaib (6).jpg
真ん中のスリットが 入り口。
スリット部分の 大きなガラス窓から明るい光が入るように設計されています。
posted by うめのはな at 07:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 墨田区

2016年12月15日

スーパームーンだった・・

昨夜 なにげなく窓の外をみたら 大きな月が・・・
12月14日も満月で スーパームーンだったということでした。
spm.JPG
暗いし いいカメラでもなくちょいと写しただけなので ぶれてますけど こんな感じ・・・
明るく 大きな月でした。

年末で あれやこれやと用事があってバタバタ。
排水管の掃除が終わったかと思えば オートロックのエントランスのほうのインターホンが調子悪くて修理。
おまけに 録画機が壊れて撮りためた ドラマが見れなくなった。。。
まぁ 年末年始に壊れるよりいいか・・と HDD買いにいって取り付けました。
カーテン洗ったり 掃除したりで ぼちぼち動いて わりと調子のいい体調です。

小池都知事が深夜に 200gのサーロイン食べてる写真見て あのパワーはステーキか!と。
sterk.JPG
たまには ステーキでもと思い 120gの ひれステーキ。
とても200gは無理でした。
posted by うめのはな at 07:37| Comment(2) | TrackBack(0) | エトセトラ

2016年12月14日

ライトアップ 江戸切子ツリー

夜のライトアップです。
kisark (3).jpg
江戸切子ツリー
kisark (1).jpg
錦糸町駅北口
kisark (4).jpg
イルミネーション
kisark (2).jpg

kisark (5).jpg
スカイツリーが見えますが 夜のスカイツリーのライトアップは華がない・・・
タグ:イベント
posted by うめのはな at 08:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 墨田区

2016年12月13日

江戸切子のツリー

錦糸町駅北口のツリーです。
knskrk (3).jpg
アルカタワーズ錦糸町イルミネーション 2016-2017
knskrk (2).jpg
伝統工芸の江戸切子を模した和風ツリーです。
knskrk (4).jpg
江戸切子(えどきりこ)とは江戸末期に江戸(現在の東京)で始まったカットグラス工法のガラス工芸・ガラス細工である。伝統工芸に認定されています。
knskrk (5).jpg
ひとつひとつが 江戸切子
knskrk (6).jpg
伝統工芸品だし 江戸切子はいいお値段です。
knskrk (1).jpg
和風のツリーもなかなかいいですね!
夜にはライトアップします。
タグ:イベント
posted by うめのはな at 07:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 墨田区

2016年12月12日

上流階級

2013年に出版されて ドラマ化された本のUが出たので読みました。
jyoryu.JPG
上流階級 富久丸百貨店外商部II
高殿 円 (著)
 光文社 (2016/10/18)

月のノルマ2000万円という 外商さんの奮闘を描きます。
顧客の要望は なんでも応える究極のサービスを売るのが 外商さん。
一般客には 縁のない話ですが 上流階級の買い物ぶりを見るようで面白かったです。
ちなみに 2013年に 上流階級 富久丸(ふくまる)百貨店外商部が出ています。

上流階級の人は買い物なんか行かなくても 外商さんが自宅にやってくる。
あれもこれも 要望に応えいかにお金を使わせるか・・・
一度に200万もの買い物をしても それが普通。
着るものから食べ物 旅行 リフォーム までなんでもおまかせ。
さすが 上流階級。
デパートなどの人は 一目見て 服装や靴 持ち物などで上客かどうかがわかるそうです。
レストランもその通りで 一目でわかるそうで いくら小金をもっていようが その場で判断し 「本日は予約で 満席でございます。」の一言で追い払います。
わたしも 何度かそういう経験ありますよ〜〜上流階級じゃないのでねーーー
kzk.JPG
あのこは貴族  
山内 マリコ (著)
 集英社 (2016/11/25)

この本も面白かったです。
生まれながらのお金持ちで東京生まれの名門女子校出の子。
地方で秀才と言われ 東京の私立名門大学に進んだ子。
何からなにまで 違い過ぎて いくら頑張っても生活ぶり生まれながらの所作 言葉使いが違います。
小学校からの内部生徒と転入組は別世界の人種。
普段着 持ち物さえ 頑張っても差がつきます。
だからといって 人間性がどうのこうのというわけでもなく ホンモノのお嬢様は人を疑ったり けなしたり いじめたりすることはなく マイペース。
ついていけなくて 一人 自己嫌悪に陥ってしまうだけのことなのです。
レストランも顔パス。
財布からお金をだすこともなく 買い物もできる。あとできちんと 自宅に請求が行く世界。
ホンモノの 上流階級ってそういうものなのですね〜
レストランもホテルも 貸し切りにしたりすることがあったりして 顔が効きます。

庶民はいくら小金でたまに贅沢して美味しいもの食べようと思っても 門前払い・・・
ホテルのラウンジでさえ 近頃は宿泊客のみ または予約なんですから ひところの景気停滞の頃とは違ってきました。
まぁ 銀行や証券会社も上客と ゴミ客と区別しているそうですから 庶民は庶民の世界で背伸びしないで 生きたほうが賢明でしょうね。
タグ:読書
posted by うめのはな at 07:48| Comment(0) | TrackBack(0) | エトセトラ