2016年11月03日

千葉県立現代産業科学館常設2F

2Fは 現代産業の歴史です。
gssgyocb (3).jpg
千葉県の産業の歴史と未来
電気・石油・鉄との出会い
電力産業
石油産業
鉄鋼産業
のコーナーに分かれています。
gssgyocb (4).jpg
F3000レーシングカー
いろいろな石油製品が使用されています。
gssgyocb (5).jpg
T型フォード
内燃機関の発達。T型フォードは1908年から販売されました。
gssgyocb (6).JPG
展示してあるT型フォードは1913年性のものです。約20年間の生産期間を通じて最も人気のあったモデルです。エンジンは総排気量約3,000cc、出力20馬力で、最高時速は80km/hでした。現在も走行できます。
gssgyocb (1).jpg
ジーメンスの電車  電動機
世界で最初の電車を走行させる実験は,ドイツのベルリン博覧会(1897)において,ジーメンスにより行われました。
ミュンヘンに現存する実物をもとに製作したものです。
gssgyocb (7).jpg
川崎製鉄(株)千葉製鉄所1号高炉 (10分の1模型)
gssgyocb (2).jpg
川崎製鉄千葉製鉄所1号高炉は,日本で初めての銑鋼一貫製鉄所として千葉県に建設されたものです。高炉は高さ32.45m,内容積907m3。
これで 常設展示も見終わり バスに乗り 本八幡駅に向かいました。
posted by うめのはな at 07:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都以外

2016年11月02日

千葉県立現代産業科学館常設展

千葉県立現代産業科学館常設展を見ます。
sienscb (6).jpg
現代産業の歴史【2F1】
先端技術への招待【1F1】
創造の広場【1F2】
sienscb (5).jpg
エスカレーター脇に置かれた 飛行機のエンジン
sienscb (1).jpg
2Fから想像の広場 サイエンスステージ - 不思議な科学実験を見ています。
sienscb (2).jpg
実験シアター など 物理・化学現象、あるいは科学の原理を巧みに応用した機械装置類による展示をしています。
sienscb (3).jpg
1F バイオテクノロジーなど 先端技術とはなにかを紹介しています。
sienscb (4).jpg
1F ガラス繊維を混ぜた繊維強化プラスチック。
posted by うめのはな at 08:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都以外

2016年11月01日

ちばの鉄道 千葉県立現代産業科学館

会場を出ると エントランスホールに大きなプラスチックレールが製作されていました。
cbkmnt (1).jpg
その奥には 成田空港のジオラマもありNゲージの運転体験もありました。
cbkmnt (4).jpg
突き当たりに展示されている絵画展『小湊鐵道の木造駅舎を描く』です。
成田市生まれの洋画家「篠ア輝夫」の作品13点を展示しています。
昭和の味わいある 木造駅舎が描かれています。
cbkmnt (2).jpg
内房線の五井駅から上総中野駅まで走る小湊鐵道。
cbkmnt (3).jpg
いにしえの瞬間 移り行く風景 写真展
京成中山〜市川真間の駅の移り変わりの写真がありました。
cbtes.jpg
12/4(日)まで行う特別展会期中 時々 展示替えがあるそうです。
posted by うめのはな at 07:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都以外

2016年10月31日

出発進行〜もっと・ずっと・ちばの鉄道〜展示

特別展会場入り口です。
cbatrin (1).jpg
踏切警報機
cbsing.jpg
会場の中には 信号機や非常停止警報装置などもありました。
cbatrin (3).jpg
展示内容
ちばの鉄道物語
走るしくみ
物流を支える鉄道
地域をつなぐ鉄道
cbatrin (5).jpg
県内の鉄道事業者のうち18事業者について、パネルや実際に使われた機材などを用いて特徴ごとに紹介。
cbatrin (4).jpg
撮影した映像を放映するブースや運転席などもありました。
cibatetd (3).jpg
列車の仕組みを説明した 実物の展示もあります。
cibatetd (4).jpg
電動機
cibatetd (5).jpg
ブレーキ。
実際に使用された列車の運行計画図のダイヤグラムも展示していました。
スカイライナーなどの 模型の展示もありました。
posted by うめのはな at 07:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都以外

2016年10月30日

出発進行〜もっと・ずっと・ちばの鉄道〜人車

特別展の屋内展示物のひとつ、千葉県営人車軌道で使用されていた人車です。
ickwsgyot (2).jpg
現役当時から残っている唯一の人車で 定員8人の客車を2人で手押しするそうです。
ickwsgyot (3).jpg
すぐ隣にあるのは タブレット。
単線区間において列車同士の衝突を避けるため タブレット交換をします。
ickwsgyot (4).jpg
車輪も展示中
ickwsgyot (5).jpg
電動機
cbdnsy.jpg
千葉県を走る電車たち。
posted by うめのはな at 07:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都以外

2016年10月29日

「出発進行〜もっと・ずっと・ちばの鉄道〜」デキ3

千葉県立現代産業科学館 特別展 開催中です。
ickwsgyot (1).jpg
『出発進行〜もっと・ずっと・ちばの鉄道〜』
10月14日(金)から12月4日(日)まで
ickwsgyot (6).jpg
外のサイエンス広場に 展示されているのは・・・
ickwsgyot (8).jpg
現存する日本最古級の「電気機関車デキ3」
94歳の現在も自走可能な状態(営業運転ではなくイベント等での運転)です。
ickwsgyot (7).jpg
山口県沖ノ山炭鉱の専用線で働き,1941年から銚子で醤油の原材料や製品を運んでいたデキ3。
現役を引退後は,銚子の地を離れることはありませんでした。
引退後に初めて銚子を離れ市川にやってきました。
cbtrin.jpg
エントランスホール床には千葉県の鉄道マップがあります。
さて・・・鉄道展に出発進行!
posted by うめのはな at 06:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都以外

2016年10月28日

千葉県立現代産業科学館

生涯学習センター(メディアパーク市川)は 旧日本毛織の中山工場の跡地の、ニッケコルトンプラザなど多くの施設がまとまった一つの区域にあります。
corto.jpg
コルトンプラザは巨大な ショッピングセンターです。
sggjytu (4).jpg
すぐ隣には 千葉県立現代産業科学館もあります。
sggjytu (3).JPG
その広場では 巨大なシャボン玉が・・・
sggjytu (1).jpg
千葉県立現代産業科学館
千葉県市川市鬼高1-1-3 
sggjytu (2).jpg
現代産業の歴史
先端技術への招待
創造の広場
科学情報コーナー(パソコンにより電力、石油、鉄鋼などの産業や先端技術に関する資料の検索)
図書室
などがあり 常設展のほか特別展も行われます。
posted by うめのはな at 07:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都以外

2016年10月27日

メディアパーク市川

市川市文学ミュージアムは 生涯学習センター(メディアパーク市川)2Fにあります。
これが なかなか素敵な建物なのです。
ickwbngk (5).jpg
1994(平成6)年に竣工
外装:イギリス産レンガ中空積,屋根=鉛メッキステンレス大和葺,建具=スチールカーテンウォール,アルミサッシ,外断熱
ickwbngk (1).jpg
中央図書館、文学ミュージアム、教育センター、中央こども館の主に4つの施設があります。
にょきっと 突き出ているのは・・・?
ickwbngk (4).jpg
メディアパーク市川の中庭「水の広場」に立つモニュメント
世界的に有名なグラフィックデザイナー福田繁雄氏の作品
[天知人]

限りない私たち人類の知恵の歴史
心と挑戦に支えられた創造の未来
夢いっぱいの喜びのデザインです。

デザイン:福田繁雄 1994年

高さは17メートル。
9冊の本が1ユニットになっていて、同じユニットが17個、153冊です。 
JR総武線の電車からも先端が見えるそうです。
ickwbngk (6).jpg
正面入口前にある ほのぼのとした 親子の像。
大須賀力《ママ・・・ご本をよんで》
広くて明るくて 蔵書数も多いすばらしい図書館です。
posted by うめのはな at 07:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都以外

2016年10月26日

山本高樹 昭和幻風景ジオラマ展

京成鬼越駅から歩いて10分ほどのところにある市川市文学ミュージアムに行きました。
ickwbngk.jpg
市川市文学ミュージアム
市川市鬼高1-1-4市川市生涯学習センター(メディアパーク市川)2階
山本高樹 昭和幻風景ジオラマ展 開催中。
これを見に行きました。
jirmich.JPG
山本高樹 昭和幻風景ジオラマ展
2016年9月17日(土)から11月27日(日)
山本高樹氏は 千葉県市川市出身。
昭和の町並みとそこに住まう人々をテーマにジオラマ作品を作り続けています。
2012年、NHK連続テレビ小説「梅ちゃん先生」のタイトルジオラマ制作。
今回も 戦後すぐの 蒲田の闇市のジオラマがありました。

実は 以前にも 日本橋高島屋で 開催された ジオラマを見たことがあります。
山本高樹 昭和幻風景 ジオラマ展
「梅ちゃん先生」あのオープニングのジオラマも再び
2012年のブログに詳しく 書いています。
ichmyjam.JPG
どの作品も昭和の時代に生きた人々の 暮らしや様子を 生活感がにじみでるように描かれています。
昭和幻風景
深川 浅草 上野池之端 本郷 新宿 神田川 ヌード座 など 古きよき時代の風景です。

懐かしき日々
軽井沢 長野 温泉街 横浜 そして地元本八幡駅界隈 永井荷風の終焉の家 など作品の多くには、市川にゆかりの深い作家 永井荷風が佇んでいます。

懐かしの風景
雪国 越後 温泉 縁日 川沿いの風景 
仕事場や スケッチ イラスト 写真なども展示してありました。
失ってしまったなつかしい風景をジオラマで再現してあり 郷愁を誘います。
展示点数も多く 大きめのジオラマもあり 同じ目線で見ると すっとその中に入り込んでしまう感覚でした。
とてもよかったです。
タグ:芸術鑑賞
posted by うめのはな at 08:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都以外

2016年09月16日

アクアスタジアム

水族館の楽しみは何といっても イルカなどのショーでしょうか・・
dlfnhkei (1).jpg
アクアスタジアム ご挨拶!
dlfnhkei (2).jpg
アシカの曲芸
dlfnhkei (3).jpg
白イルカ
dlfnhkei (5).jpg
ジャンプ!!
dlfnhkei (6).jpg
海の動物たちのショー会場の「アクアスタジアム」は、2,000人収容です。
水族館の他にも アトラクションなどがありますが 水族館だけでも一日すごせます。
タグ:横浜
posted by うめのはな at 07:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都以外

2016年09月15日

アクアミュージアム 3

2010年10月5日 東日本では初のジンベエザメを展示しました。
aqaongn (6).jpg
ジンベエザメの七海。
オスの「八兵衛」は、2014年7月11日に残念ながら死亡しました。
aqaongn (7).jpg
タカアシガニは日本でしか生育していないそうです。
aqaongn (3).jpg
セイウチ
二本の牙は90cmにもなるそうです。
aqaongn (1).jpg
ホッキョクグマ
aqaongn (2).jpg
ガラス越しに泳ぐ姿なども観察できます。
aqaongn (5).jpg
ペンギンたち
aqaongn (4).jpg
歩く姿だけでなく 下から泳ぐ姿を見ることができます。
タグ:横浜
posted by うめのはな at 06:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都以外

2016年09月14日

アクアミュージアム 2

アクアミュージアムはZONE1〜6に分かれた展示です。
aqamyj (2).jpg
壁側に水槽が並びます。
aqamyj (4).jpg
アクアチューブ
水槽の中を通るエスカレーターです。
aqamyj (3).jpg
大水槽。五万匹のイワシの群れです。
omsraqa (1).jpg
美味しそう・・・・
aqamyj (5).jpg
1、3、4階は展示、5階はアクアシアターです。
aqamyj (6).jpg
海の花 サンゴやイソギンチャクなども展示しています。
タグ:横浜
posted by うめのはな at 09:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都以外

2016年09月13日

アクアミュージアム 1

ピラミッドのような外観のアクアミュージアムは 5階まであります。

ykjimaqam (1).jpg
ウエルカム水槽からはじまり500種類10万点の魚を見ることができます。
ykjimaqam (3).jpg
子供たちにも こんな水槽が・・・
ykjimaqam (5).jpg
大水槽プロジェクションマッピングは季節ごとに変わります。
ykjimaqam (4).jpg
槽壁面に映し出す大迫力の本格3Dプロジェクションマッピングです。
ykjimaqam (6).jpg
幻想的なシーンが楽しめます。
タグ:横浜
posted by うめのはな at 08:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都以外

2016年09月12日

ドルフィンファンタジー

イルカの展示を中心としたドルフィンファンタジーです。
hkijmdrf (6).jpg
トンネル状の水槽と円筒型の水槽があります。
hkijmdrf (2).jpg
トンネル水槽
hkijmdrf (4).jpg
水槽上部には屋根がないので、晴れている日にはキラキラと光ります。
hkijmdrf (1).jpg
魚たちと泳ぐ姿はまるで海の中にいるように感じます。
hkijmdrf (3).jpg
タカベ
青い体に黄色の一本線の魚です。
hkijmdrf (5).jpg
円柱水槽です。
タグ:横浜
posted by うめのはな at 07:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都以外

2016年09月11日

ふれあいラグーン

ふれあいラグーンは水槽の縁が低く設計されていて鯨類を間近で観察できます。
hkiumfam (1).jpg
鯨類ゾーンのイルカたち
hkiumfam (3).jpg
八景島シーパラダイスで飼育されているペンギンは7種類だそうです。
hkiumfam (5).jpg
鰭足(ひれあし)ゾーンの水槽
hkiumfam (6).jpg
ヒレアシビーチ
hkiumfam (4).jpg
セイウチやアザラシなど泳ぐ姿が観察できます。
タグ:横浜
posted by うめのはな at 07:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都以外

2016年09月10日

横浜・八景島シーパラダイス

こちらは横浜・八景島シーパラダイス 神奈川県横浜市金沢区八景島
hkijmaqa (1).jpg
ピラミッドのような外観の大規模水族館です。
hkijmaqa (2).jpg
水族館・アトラクション・ショッピングモール・ホテル・マリーナなどで構成した複合型遊園地
hkijmaqa (4).jpg
アクアミュージアム
フロアは5階まであり、1、3、4階は展示、5階はアクアシアター
hkijmaqa (5).jpg
ドルフィンファンタジー
トンネル状の水槽と円筒型の水槽があります。
hkijmfrgn.jpg
ふれあいラグーン
展示されている鯨類を間近で観察できる施設
タグ:横浜
posted by うめのはな at 07:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都以外

2016年08月05日

カップヌードルミュージアム 終

4階から 外に出ることができます。
cup4f (1).jpg
展望デッキからの眺めです。
cup4f (2).jpg
みなとみらいの海景色を一望できます。
cup4f.jpg
新港パークはネーミングライツ導入により「カップヌードルミュージアムパーク」となっています。
cup4f (3).jpg
1階には『ミュージアムショップ』があります。
cup4f (4).jpg
ここでしか買えないグッズについ 目が行ってしまいます。
cupfact.jpg
カップヌードルフォームズ
デザイナー・佐藤オオキさんが手掛けたセラミック製の“カップヌードル”容器
容器の形状が少し変化するだけで、その見え方や印象は大きく変わることから 新しい発見が生まれます。
クリエイティブな発想の原点となる6つのキーワードを設定した 体験型ミュージアムでした。
posted by うめのはな at 08:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都以外

2016年08月04日

カップヌードルミュージアム 3〜4F

3Fには 、自分オリジナルのカップヌードルを作ることができるマイカップヌードルファクトリーがあります。
cupndmen (1).jpg
自分でデザインしたカップに、4種類の中から好きなスープと、12種類の具材の中から4つのトッピングを選べます。
1食300円で 予約制。整理券が必要です。残念ながら 終了でした。
cupndmen (2).jpg
チキンラーメンファクトリーというチキンラーメンを手作りできる料理教室コーナー。
事前予約制。有料。こちらも 予約いれないとダメでした。
90分かけてチキンラーメンを手作りする体験工房です。
cupndmen (4).jpg
4Fには NOODLES BAZAAR ワールド麺ロードがあります。
cupndmen (3).jpg
?世界8か国の麺類が屋台形式で食べられます。
cupndmen (5).jpg
カップヌードルパーク  小学生以下のみ。
カップヌードルの製造工程をいろいろな遊具で遊びながら体感できます。
posted by うめのはな at 08:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都以外

2016年08月03日

カップヌードルミュージアム2F

インスタントラーメンを発明した日清食品創業者の「安藤百福」の像です。
mmfkhstr (8).jpg
「人生に遅すぎるということはない」という名言を残しました。
mmfkhstr (6).jpg
安藤百福名言の数々
mmfkhstr (5).jpg
NEVER GIVE UP
mmfkhstr (7).jpg
トリックアートコーナー
mmfkhstr (1).jpg
佐藤可士和総合プロデュースの「カップヌードルミュージアム」
mmfkhstr (2).jpg
同じものを違う角度で見てみると新しい発見が!飛び出した麺をよ〜く見ると・・文字が。。
mmfkhstr (3).jpg
錯覚を楽しめたり 、触れば壁面いっぱいにCG映像が現れたり 百福シアターがあったりするコーナーです。
posted by うめのはな at 08:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都以外

2016年08月02日

カップヌードルミュージアム 安藤百福ヒストリー

クリエイティブシンキングボックスというものがあります。
cupmomofk (1).jpg
説明文
cupmomofk (2).jpg
図解
cupmomofk (3).jpg
創造的思考はこんな風にして見つけていくのですね。
cupmomofk (6).jpg
「クリエイティブシンキング(創造的思考)」を「なんでもヒントにする」「あきらめない」「常識にとらわれない」など、6つのキーワードがあります。
cupmomofk (5).jpg
壁一面にわかりやすく表現しているので子供も楽しめます。
cupmomofk (8).jpg
身近なところに 意外な発見があるものです。
cupmomofk (4).jpg
安藤百福ヒストリー
cupmomofk (7).jpg
安藤氏の生涯や発明・発見、事業成功の秘密などを全長58メートルの壁面に写真やイラストを使って展示。
posted by うめのはな at 06:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都以外

2016年08月01日

カップヌードルミュージアム 百福の研究小屋

「チキンラーメン」が誕生した研究小屋が復元されています。
cpndandu (1).jpg
百福の研究小屋  トタン葺きの小さな「研究小屋」です。
昭和33年(1958)3月5日。安藤百福会長が、明け方まで研究をつづけて母屋に戻った直後の様子を忠実に再現しています。
cpndandu (6).jpg
安藤百福はたった1人で開発に取り組みました。道具や材料もすべて自分で探し集め、自転車の荷台にくくりつけては 小屋に運んだそうです。
cpndandu (7).jpg
鶏さんの卵も貴重な材料です。
cpndandu (8).jpg
麺の天日干し。
cpndandu (9).jpg
わずか6畳ほどの広さの小屋の中に入ることができます。
cpndandu (2).jpg
たとえ特別な設備がなくてもアイデア一つで ありふれた道具だけで世界的な発明が生み出せる。
そんな思いが感じられる小屋です。
cpndandu (4).jpg
中古の製めん機とどこの家庭にもあるようなものです。
cpndandu (3).jpg
自給自足の卵
cpndandu (5).jpg
金網のめんを揚げる道具なども家庭用です。
"お湯があれば家庭ですぐ食べられるラーメン" の研究はここで始まりました。
インスタントラーメンの基本となる製造技術〈瞬間油熱乾燥法〉のヒントは 妻が揚げていた天ぷらから思いついたのだそうです。
posted by うめのはな at 07:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都以外

2016年07月31日

カップヌードルミュージアム インスタントラーメン ヒストリーキューブ

2階にあがると 人がたくさん!
cupnhst (1).jpg
インスタントラーメンヒストリーキューブ です。
インスタントラーメンの歴史を、3000点を超える商品パッケージで表現。
cupnhst (2).jpg
約半世紀前にたったひとつの商品から始まったインスタントラーメンです。
cupnhst (3).jpg
日清食品が制作したこれまでのカップ麺商品がキューブケースに展示されています。
cupnhst (4).jpg
同じ商品でも、様々なパッケージ変更がされていたり、少しの期間しか発売されなかったものも展示されています。
cupnhst (8).jpg
チキンラーメンからカップヌードルへと変化し 世界的な食品になっていきます。
cupnhst (6).jpg
これ 美味しくて衝撃的でした。
cupnhst (7).jpg
たらこのスパ王が好きでした!
cupnhst (10).jpg
北斗の拳 なつかしい!!
cupnhst (5).jpg
おなじみの商品名。
横並びに同系商品が展示されていて インスタントラーメンの変化がよくわかります。
posted by うめのはな at 06:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都以外

2016年07月30日

カップヌードルミュージアム

みなとみらいの観覧車「コスモクロック21」です。
cup (1).jpg
全高112.5m、定員480名の世界最大の時計機能付き大観覧車です。
mapnd.JPG
みなとみらい位置関係のマップ
cup (6).jpg
横浜ワールドポーターズの隣にあるカップヌードルミュージアム
横浜市中区新港2-3-4
cup (5).jpg
安藤百福発明記念館、愛称:カップヌードルミュージアム
インスタントラーメンの発明者で日清食品創業者でもある 安藤百福氏の生誕100周年と 「カップヌードル」の発明40周年を記念して 2011年(平成23年)9月17日に オープンしました。
cup (4).jpg
入口に巨大なカップヌードル!
cup (2).jpg
1F エントランスホール
大人は500円、高校生以下は無料という良心的な金額
体験施設には別途料金がかかります。
cuo2f.JPG
階段を登って進みます。
1階が受付とショップです。
tnjo.JPG
階段部の天井です。
posted by うめのはな at 08:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都以外

2016年07月29日

横浜ベイブリッジ

横浜港には10の灯台があるそうです。
マリンタワーも灯台の一つとのことです。
ykhmcrjig (3).jpg
横浜ベイブリッジが見えます。
長さ860m
最大支間長460m
幅40.2m
高さ塔高172m、橋げた55m(いずれも海面より)
redt .jpg
横浜港には3組の 赤と白の灯台があります。
氷川丸の桟橋に白灯台とその対になる赤灯台があり これは北側橋脚の下の赤灯台です。
ykhmcrjig (2).jpg
横浜の大黒海づり公園の赤色の灯台。
ykhmcrjig (4).jpg
横浜ベイブリッジは本牧埠頭A突堤(中区)と大黒埠頭(鶴見区)とを結んでいます。
上層部は首都高速湾岸線で、下層部は国道357号です。
歩道が無いため徒歩で渡ることはできません。
ykhmcrjig (5).jpg
真下を通ります。
真ん中に見えるのは 展望施設(現在は閉鎖)
ykhmcrjig (6).jpg
海面からの高さ約55mの展望施設は『スカイウォーク』。『スカイタワー』『スカイプロムナード』『スカイラウンジ』の3つにわかれており横浜港を一望できるスポットでしたが 2010年9月26日に閉鎖されました。
ykhmcrjig (1).jpg
船は横浜大桟橋へ戻ります。
ykhmrwng (7).jpg
着岸!
これで 横浜港周遊船は終わりです。
タグ:横浜 観光
posted by うめのはな at 06:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都以外

2016年07月28日

横浜港クルージング

ランチクルーズです。
ykhmrwcr (1).jpg
航路図
ykhmrwcr (2).jpg
横浜ベイブリッジ
ykhmrwcr (3).jpg
埠頭にはキリンが並んでいます。
ykhmrwcr (4).jpg
このままどこかに遠くに行きたくなるような海
ykhmrwcr (8).jpg
サンデッキ
ykhmrwcr (5).jpg
サンデッキは木甲板 
ykhmrwcr (6).jpg
夜になるとピンク色にライトアップするハート。
デートスポットです。
タグ:横浜 観光
posted by うめのはな at 09:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都以外

2016年07月27日

横浜港周遊船 ロイヤルウィング

横浜港周遊船 ロイヤルウィング出航です。
ykhmrwng (1).jpg
横浜港大さん橋国際客船ターミナル 
1F 駐車場 2F 出入国ロビー&CIQプラザ 3F 屋上広場 くじらのせなか
ykhmrwng (3).jpg
乗船。
ykhmrwng (6).jpg
船内図 
ykhmrwng (2).jpg
ロイヤルウイングは 旧船名「くれない丸」。
1960年に大阪港 - 神戸港 - 松山港 - 別府港を結ぶ別府航路(瀬戸内航路)のクルーズ船として就航。
ykhmrwng (4).jpg
実は まだ子供でしたが 私は「くれない丸」の頃 別府〜大阪港まで乗ったことがあります。
一等客室 二等船室 などあって 二等の客は上階の一等エリアには立ち入れませんでした。
アメリカ人夫婦と仲良くなり ジュースをごちそうになったことを覚えています。
レストラン船となり 横浜港に就航してから 改装されていて 当時とは船内の様子は違います。
ykhmrwng (8).jpg
船内のショップ。
別府から乗ったときのことは うっすらとしか覚えていないのですが 松山港出航時 みなででテープを投げたことや渦潮を初めて見たことなどは覚えています。
また くれない丸に会えるとは思ってもいませんでした。
タグ:横浜 観光
posted by うめのはな at 08:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都以外

2016年07月26日

横浜港大さん橋国際客船ターミナル2

横浜港大さん橋国際客船ターミナルは 内部に柱・梁がなく また 階段が無くスロープやエレベータを利用します。
rwing (7).jpg
床や壁の木材は、ブラジル原産の「イペ(IPE)」という木。
大さん橋全体を大きなクジラに見立てる形での「くじらのせなか」という愛称です。
rwing (1).jpg
屋上広場は 送迎 眺望の場であり 24時間出入りできる広場です。
rwing (8).jpg
横浜港周遊船であるロイヤルウイングや伊豆諸島への離島旅客航路もあります。
rwing (2).jpg
ロイヤルウィング
エンターテイメント&レストラン船。
rwing (3).jpg
旅客定員630名様を誇る大型客船です。
rwing (5).jpg
横浜港を90分〜110分かけてクルーズします。
rwing (6).jpg
船上でのウェディングやレストランとしても利用できます。
タグ:横浜 観光
posted by うめのはな at 07:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都以外

2016年07月25日

横浜港大さん橋国際客船ターミナル1

横浜港大さん橋国際客船ターミナルです。
ykhmosnbs (4).jpg
横浜大さん橋 神奈川県横浜市中区にある横浜港の港湾施設。
横浜港大さん橋ふ頭及び横浜港大さん橋国際客船ターミナルにより構成されています。
ykhmosnbs (1).jpg
大さん橋埠頭は、1894年(明治27年)の完成以来、日本の海の玄関として活躍してきました。
明治の末頃から1970年頃までは、メリケン波止場と呼ばれていました。
ykhmosnbs (2).jpg
現在の横浜港大さん橋国際客船ターミナルは、2002年(平成14年)にリニューアルオープンしました。
建物内部は、柱のない大空間で スロープのバリアフリーになっています。
ykhmosnbs (5).jpg
「北米丸」の模型帆船等を展示しています。
ykhmosnbs (3).jpg
北光丸」 Sailing flag
「北光丸」に日章旗を掲げるセレモニーがあったようです。
ykhmosnbs (6).jpg
大型模型帆船「北光丸」の説明板がありました。
「模型帆船  「北 光 丸」
この模型帆船は、旧函館商船学校(明治12年開校)で生徒の机上操帆訓練用教材として大正
2年(1913年)に製作され、展帆、畳帆や索具の取扱等を訓練し、幾多の商船士官育成のた
め貢献した由緒ある船です。
 昭和10年同校廃校に伴い、現在の函館水産高校に引き継がれ日の目を見ないまま埋もれてい
たものを、昭和56年社団法人・全日本船舶職員協会(全船協)の創立50周年記念事業の一環
として、海事思想の普及に役立たせようと譲り受け、運輸省航海訓練所練習船「大成丸」で
横浜港に運ばれました。
 その後、全船協内に「北光丸」修復委員会が組織され船体補修の後、横浜帆船模型同好会が
艤装をおこない、復元の後、社団法人横浜港振興協会に寄贈されたものです。
             (社) 全日本船舶職員協会
             (社) 横浜港振興協会
             横 浜 市 港 湾 局
ykhmosnbs (8).jpg
日本郵船のクルーズ客船である飛鳥IIは横浜港が船籍港(母港)です。
以前 停泊中の飛鳥をみたことがあります。
タグ:横浜 観光
posted by うめのはな at 07:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都以外

2016年07月10日

小江戸蔵里〜本川越駅(終)

石畳の通りの脇に、両端に小石が敷き詰められた不思議な参道が見えました。
kawagoelast (1).jpg
川越熊野神社 埼玉県川越市連雀町17-1
熊野神社は天正18年、蓮馨寺開祖により紀州熊野から勧請された社です。通称「おくまん様」
川越熊野神社の『足踏み健康ロード』。
裸足で歩くことで足裏のつぼを刺激して健康へのご利益を願う名所。
kawagoelast (2).jpg
駅に向かう途中にあった 「川越温泉湯遊ランド」 大衆演劇「小江戸座」を併設
kawagoelast (3).jpg
川越 あかりや. 昭和初期の古建築を生かした甘味処
kurar .jpg
小江戸蔵里
施設は、明治・大正・昭和の時代に立てられた酒蔵の、おみやげ処(明治蔵)、まかない処(大正蔵)、くら市場(昭和蔵)の3つの蔵があります。
これらの蔵は、国の登録有形文化財に指定されています。
kawagoelast (6).jpg
旧鏡山酒造の明治蔵・大正蔵・昭和蔵を当時の面影を残しつつ改修した施設。
kawagoelast (4).jpg
川越祭りの山車庫もありました。
kawagoelast (7).jpg
本川越駅に戻り 再びREDARROWに乗り戻りました。
posted by うめのはな at 06:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都以外

2016年07月09日

川越大正浪漫夢通り2

大正浪漫夢通りを先に進みます。
kwgetsy2 (4).jpg
アーチ形天井を持つ建物は昭和10年創業の和菓子屋 味の店いせや。
埼玉県川越市連雀町13-6
kwgetsy2 (2).jpg
1階部分が店舗と厨房、2階とアーチ形の屋根の3階は住宅になっています。
kwgetsy2 (3).jpg
シマノコーヒー大正館
昭和8年築の元呉服屋さん。3連のアーチ窓を洋風の付け柱で仕切ったデザイン。
kwgetsy2 (5).jpg
外見は、白壁漆喰と木造で、川越名物蔵造り風な建物は 教科書販売「吉田謙受堂」
隣は和風の瓦屋根に洋風棟飾りの「大野屋」さん
kwgetsy2 (6).jpg
アール・デコの流れを汲んだ建物「大野屋」
昭和5年建築で改装されています。
1階店舗の連続アーチが当時の流行。
kwgetsy2 (1).jpg
石畳の大正ロマン通りまでは ツアー客が入ってこないのか人通りはまばらです。
kwgetsy2 (7).jpg
みこもり煎餅(和守煎餅) 昭和13年創業の老舗
唐辛子をまぶした激辛煎餅「発狂くん」が名物。
kwgetsy2 (8).jpg
レトロな雰囲気の看板を眺めながら 本川越駅のほうへと歩きます。
posted by うめのはな at 06:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都以外