2016年12月17日

すみだ北斎美術館 常設

スリットのエントランスに行ってびっくり!
チケット売り場に行列でした。これ雨の日は外に並ぶことになり濡れます。。。。
明るくていいのですが エントランスが狭いのが難点かなぁ〜
エレベーターで4階まで上がるのですが 2基しかなくてここも行列。
オープンして間もないということで 想定外の人が訪れているのかもしれません。
smdhksij (5).jpg
フロアーが分割されているので エントランスがちょっと狭い感じ。
smdhksij (6).jpg
4階が展示室。
まず常設展示を先に見るようになっています。
smdhksij (1).jpg
常設展示入口。
説明用モニターがあって 触れて説明を聞くことができます。
smdhksij (3).jpg
常設展の入り口で見上げると 葛飾北斎筆《須佐之男命厄神退治之図》の推定復元図があります。
smdhksij (2).jpg
ここから展示室に入ります。常設はこじんまりした部屋です。
常設展示会場内は写真撮影も可能(撮影不可の3作品あり)
でも 写真どころか 人・・人・・人の頭しか見えなかった・・・・
中は保護のためかかなり暗いです。
床面に細い光があり 5か国語の作品解説をタッチパネルで見ることができます。
smdhksij (4).jpg
北斎の仕事場の再現
北斎と娘の阿栄(葛飾応為)が絵を描く様子
時折 手が動いてとてもリアルです。
タグ:芸術鑑賞
posted by うめのはな at 07:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 墨田区
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178069564
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック