2016年12月16日

北斎通り〜すみだ北斎美術館

大江戸線両国駅の前の通りをまっすぐ 錦糸町方面へ歩きます。
hokusaib (1).jpg
北斎通りです。東京都墨田区の亀沢は葛飾北斎生誕の地です。ここも無電柱化済の通りです。
hokusaib (4).JPG
信号 3つ目が緑町公園。
hokusaib (2).JPG
緑町公園付近は、江戸時代に弘前藩津軽家の上屋敷があった場所です。
hokusaib (3).jpg
緑町公園の半分くらいに すみだ北斎美術館 が建設されました。
美術館建設にあたり埋蔵文化財調査がおこなわれました。
hokusaib (5).JPG
葛飾北斎生誕の地の案内板
江戸時代後期の浮世絵師、葛飾北斎はここ本所割下水(現在の亀沢町1、2丁目)で生まれました。
北斎は生涯で90回以上の引っ越しを繰り返し、そのほとんどが故郷の墨田だったといわれます。
北斎のほかに画狂人など30以上の画号を使い 遠くヨーロッパのゴッホや印象派の画家に影響を与えたと言われています。
前は 北斎通りの あられやさんの壁にあったのですが美術館側に 移動したのでしょうね〜
hokusaib (8).jpg
北斎が生まれた場所に建つ銀色の美術館 です。
設計は建築家の妹島和世。
建物は、ユニークなアルミの外装。
大きな1棟ではなく、 三角の切れ込み(スリット)で分割した建物で周囲の街並みのスケールに合わせている。
hokusaib (6).jpg
真ん中のスリットが 入り口。
スリット部分の 大きなガラス窓から明るい光が入るように設計されています。
posted by うめのはな at 07:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 墨田区
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178055003
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック