2016年08月31日

東京ゲートブリッジ 若洲海浜公園

若洲海浜公園には、ゴルフリンクス、ヨット訓練所のほか、海釣り施設、人工磯、サイクリングロードなどの関連施設があります。
tkygtbrj (11).jpg
キャンプ場と風車。遠くスカイツリーも。
tkygtbrj (9).jpg
ゴルフ場に隣接しています。
tkygtbrj (8).jpg
そのため 道路の一部はネットで覆われています。ゴルフボールよけ。
tkygtbrj (10).jpg
サイクリングロード南端部。人工磯があります。
tkygtbrj (14).jpg
海釣り施設・人工磯
人工磯は10トンの石を配置して人工的に作られた延長450メートル、広さ2.0ヘクタールの磯遊び場です。
グーグルの航空写真で見ると NICE T&GO の文字が見えます。NICE Touch&GO の意味では?
東京へリポートか 羽田空港の飛行機に向けてのものなのかなぁ・・・
海釣り施設は、若洲海浜公園の南端部に位置しています。
東防波堤の上部約570メートルを兼用した施設です。
タグ:庭園・公園
posted by うめのはな at 06:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 江東区

2016年08月30日

東京ゲートブリッジ 若洲昇降タワー展望ホール

エレベーターで展望ホールに行きます。
tkygtbrj (6).jpg
東京ゲートブリッジ  2012年(平成24年)2月12日 開通
延長 - 2,618m(陸上部アプローチ橋含む)
主橋梁部橋長 - 760m
トラス橋
tkygtbrj (7).jpg
晴れた冬の日には 富士山も見えるそうです。
tkygtbrj (12).jpg
海面から30m
tkygtbrj (16).jpg
土木学会田中賞を受賞しました。

土木学会田中賞
田中賞の由来は、関東大震災後の首都の復興に際し、帝都復興院初代橋梁課長として、隅田川にかかる永代橋や清洲橋といった数々の名橋を生み出した、田中豊博士に因むもの。 土木学会田中賞の内容は、研究業績部門、論文部門、作品部門の三部門から成る。
tkygtbrj (13).jpg
8階から 歩道に出ることができます。
歩道として開放されているのは、若洲側の片側1400mとなり通り抜けできません。
歩行者は中央防波堤側の埋立地へ降りる事は出来ず、引き返し再び若洲側に戻ることになります。
タグ:庭園・公園
posted by うめのはな at 07:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 江東区

2016年08月29日

東京ゲートブリッジ 若洲昇降タワー

江東区立若洲公園から見た東京ゲートブリッジです。
tkygtbrj (1).jpg
若洲公園   東京都江東区若洲3-1-2
tkygtbrj (2).jpg
なるほど 2頭の恐竜に見えます。
tkygtbrj (3).jpg
若洲側昇降施設です。
tkygtbrj (4).jpg
若洲昇降タワーの9階に展望台があります。
tkygtbrj (5).jpg
エレベータで「東京ゲートブリッジ」に上がり歩道に出ることもできます。
タグ:庭園・公園
posted by うめのはな at 07:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 江東区

2016年08月28日

東京ゲートブリッジ 海上から

海上から見た東京ゲートブリッジです。
tkogtb.jpg
「恐竜橋」と呼ばれています。
まるで2頭が向かい合っているように見える形から、この名で呼ばれるようになりました。
tkogtb (2).jpg
東京ゲートブリッジは、東京港第三航路(東京東航路)を跨ぎ中央防波堤外側埋立地と江東区若洲を結んでいます。
tkogtb (1).jpg
ちょうど安宅丸が見えました。
tkogtb (3).jpg
紅白の灯台が見えます。
若洲側昇降施設は若洲公園の若洲キャンプ場に隣接した場所にあります。
次は そこを見てみます。
タグ:観光
posted by うめのはな at 07:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 江東区

2016年08月27日

先日は丸の内の梟でしたが 今回もフクロウ像。
gyzaria.JPG
深川のフクロウ
fkuro.JPG
池袋にはたくさんフクロウ像があるのですが これは立教大学前のフクロウ
jiyug.JPG
自由学園の梟
fukuro.jpg
これは ホンモノ!梟カフェなんかもあったりして 身近に見ることができます。
テーマを決めて 東京巡りをするのも楽しいかも・・・
タグ:
posted by うめのはな at 08:40| Comment(0) | TrackBack(0) | エトセトラ

2016年08月26日

読書!

東京丸の内 お堀に面した東京會舘は現在建て替え中なのですが ここは 芥川賞・直木賞の授賞式会場です。
建て替え中は帝国ホテルだそうです。
東京會舘の創業は大正11年。
丸の内に落成した国際社交場・東京會舘は宿泊施設はなく レストラン・宴会場・結婚式場として営業してきました。
こんな 本を読みました。
tkok.JPG
東京會舘とわたし(上)旧館 (下)新館 
辻村深月 (著)
出版社: 毎日新聞出版 (2016/7/30)

ここは夢が生まれる場所。
華やかな社交場として生まれた 東京會舘も大正、昭和、平成という時代の流れの中で一時 軍や米軍に接収されたりしてきました。
海外ヴァイオリニストのコンサート、灯火管制下の結婚式からはじまり 米兵相手に苦労するバーテンダー。
そして 新しいカクテルを生み出していきます。
時代とともに 人々の姿も変化していきます。
人の数だけ様々なドラマがあり 接する従業員の姿も変化していきますが 常に優しく お客様のためにの姿は変わらないようです。
お土産用の 菓子を作り出す苦労。
現在 東京會舘のお菓子は有名なのですが こんな苦労があったことを初めて知りました。

昭和46年、新館への建て替えを経た東京會舘です。
そこにもいくつかの人生ドラマが生まれます。
デイナーショー前に 緊張で震える大歌手の姿。
金婚式を一人で迎える 老婦人の姿。
クッキングスクールで腕を磨く 女性たち。
優しさと慈しみに満ちた物語は常に 温かい応対をしてくれるスタッフに支えられています。

東日本大震災の日、帰宅難民を一晩受け入れてくれた東京會舘。
次の日の朝 玄関の真鍮の柱をいつもと変わらず磨き続ける 玄関係り。
日常を守らなくては そこから壊れていく・・・・
親子喧嘩をした日 心配そうに見つめる スタッフに「「直木賞の時に帰ってきます」といった若者。
そして ・・・
青年は 帰ってきました。
「おかえりなさい」と迎える 当時のスタッフ。
感動の物語です。
辻村深月が本当に書きたかったのは ここかも!!

東京會舘 完成したら 敷居は高そうだけど 行ってみようかな〜
タグ:読書
posted by うめのはな at 09:09| Comment(0) | TrackBack(0) | エトセトラ

2016年08月25日

丸の内

東京丸の内でお買い物。
otemchi (6).jpg
メゾンカイザー(パン屋さん)前の オブジェ
はばたく 網屋千秋1972年 千代田区丸の内3丁目
otemchi (1).JPG
ベッジュマン&バートン(茶葉の店)前の 白いフクロウ
池袋にはフクロウ像があちこちあるのですが これは東京丸の内。
東京駅界隈には いろいろな像やオブジェがあって探すのも楽しみの一つです。
ちなみに この界隈にも ポケモンスポットがたくさんあるとか・・・
タグ:
posted by うめのはな at 06:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 中央区

2016年08月24日

うつぼかな?

台風の風と雨で 窓が汚れてしまったので 落ち着いたら窓ふきしなきゃなぁ〜と思っていました。
昨日 なにげなく人の気配を感じて 窓の外をみると・・・
なんと!窓ふきしているではありませんか・・・・
うわぁ〜こんなことまでやってくれんだーーーと 感激!
もっとも大規模修繕中だったので ベランダの補修や掃除もしていってくれたのですが まさか窓ふきまでやってくれるとは思ってもいませんでした。
omsraqa (3).jpg
今日の1枚。これは威嚇かな・・・
posted by うめのはな at 08:46| Comment(0) | TrackBack(0) | エトセトラ

2016年08月23日

笑って!

昨日は台風の影響で 雨すごかったです。
浸水やがけ崩れの心配のないところに住んでいるのですが 時折の豪雨でうるさいくらいでした。
そんな中リオの閉会式など見ていて 日本のパフォーマンスの安倍マリオが笑えたし全体的に よかったかなぁ〜と。
東京オリンピックの開会式が楽しみです。
omsraqa (2).jpg
笑っているみたいな一枚!
posted by うめのはな at 08:54| Comment(0) | TrackBack(0) | エトセトラ

2016年08月22日

夏休みおしまい。

台風、大雨にご注意!
ktnmrk (3).JPG
posted by うめのはな at 07:11| Comment(0) | TrackBack(0) | エトセトラ

2016年08月21日

夏休み!!

夏休みも 残り少なくなりました。
ktnmrk (1).jpg
posted by うめのはな at 07:17| Comment(0) | TrackBack(0) | エトセトラ

2016年08月20日

夏休み!

台風が来ています。ご注意!
ktnmrk (4).JPG
posted by うめのはな at 08:50| Comment(0) | TrackBack(0) | エトセトラ

2016年08月19日

夏休み。

残暑 お見舞い 。
ktnmr.jpg
posted by うめのはな at 07:14| Comment(0) | TrackBack(0) | エトセトラ

2016年08月18日

明治神宮の杜 「落陽」

昨年 NHKスペシャル 明治神宮 不思議の森〜100年の大実験〜という番組を見ました。
神域として立ち入りが禁止され、100年にわたって守られてきた神宮の杜が世界でも例を見ない 「人工の原生林」だという内容でした。
mijjngu (2).jpg
先日 「落陽」という本を読みました。
mijjngu (4).jpg
落陽
朝井 まかて (著) 祥伝社 (2016/7/12
「献木十万本、勤労奉仕のべ十一万人、完成は──百五十年後。
いざ造らん、永遠につづく森を──
明治天皇崩御直後、東京から巻き起こった神宮造営の巨大なうねり。
日本人は何を思い、かくも壮大な事業に挑んだのか?」帯説明文
mijjngu (1).jpg
明治天皇崩御直後、ら東京の政財界人が「御霊を祀る神宮を帝都に創建すべし」と動き始める。
しかし候補地の 青山 界隈には荒地しかない。
まして 関東ローム層の土地では 杉やヒノキは育たない。
帝国大学農科大学講師の本郷高徳は、「風土の適さぬ地に、神宮林にふさわしい森厳崇高な森を造るのは不可能」と反論。
永遠に続く杜¢「りを決意する。神社には杉!という渋沢達の圧力に負けず 150年のちを見据えて造園がはじまる。
150年の間 一切手をいれてはならないという 約束の元で 線路の煙害んどに強い木を まわりに植えることからはじめます。 
荒地だった土地が 1920年から始まった綿密な造営計画によって、壮大な森に育ちました。
東京の一等地に 突如あらわれる 緑の聖地となっています。まだ 道半ばです。
静寂で 神秘的で 小鳥がさえずり 大きな常緑樹がしげる 神宮の杜です。
mijjngu (3).jpg
明治神宮 今年1月の写真です。
タグ:読書
posted by うめのはな at 08:31| Comment(0) | TrackBack(0) | エトセトラ

2016年08月17日

灯籠流し

子供の頃 すごした町にも大きな川があって お盆には灯籠流しをしたものですが 河川が汚れるだの 堤防ができるだのでいつの間にか灯籠流しも行われなくなりました。
torongs.JPG
東京でも毎年 灯籠流しが行われています。
第18回 旧中川灯籠流し〜東京大空襲犠牲者慰霊〜
ふれあい橋たもと(江東区亀戸9-34先)
trng.JPG
旧中川灯籠流しは東京大空襲の犠牲者の慰霊を目的に平成11年から行われています。
nkgwtr.jpg
東京大空襲の下、燃えさかる炎から逃れようと約3,000人の方々が川に飛び込み亡くなられました。
様々な思いをこめて 灯篭が流されました。

東京大空襲・戦災資料センター 東京都江東区北砂1丁目5-4
民立・民営の資料センターです。
タグ:イベント
posted by うめのはな at 07:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 江東区

2016年08月16日

米軍が見た東京1945秋

こんな本を読みました。
1945.JPG
米軍が見た東京1945秋  2015/12/8 発売
佐藤 洋一 (著)
終わりの風景 始まりの風景
内容紹介
「米軍は東京の何を見ていたのか?
偵察 上陸 進駐ーその時 米軍はどこに視線を向けていたのか?
激動の、そして都市としての記憶が抜け落ちた1945年の東京の姿を、米軍が記録・保存していた170点超の秘蔵写真とともに振り返る!」

筆者の佐藤洋一氏は米国立公文書館で敗戦直後の東京を写し出した写真を発掘。
「空襲に関する写真」「日本本土への上陸と進駐に関する写真」「米軍の活動の一般的記録」「日本および日本人」
皇居、山手線、荒川、隅田川、浅草、銀座、新橋、虎ノ門、
築地、湊、芝、芝浦、台場、日本橋、京橋、立川、武蔵野、
偽装建築、防空壕、高射砲陣地、防火体制、捕虜収容所・・・・・

焼け野原となっていた東京のいたるところをとらえた、貴重な写真が掲載されている写真集
撮影者は、米軍。
話には聞いていましたし 資料館なども見ていましたが 
言葉すら出ない 胸の痛む 写真集でした。

tidorizou (3).jpg
千鳥ヶ淵戦没者墓苑 東京都千代田区三番町2番地
tidorisbt.jpg
第二次世界大戦の戦没者の遺骨のうち、遺族に引き渡すことができなかった遺骨を安置している。
タグ:読書
posted by うめのはな at 07:05| Comment(0) | TrackBack(0) | エトセトラ

2016年08月15日

赤坂氷川神社 終

赤坂氷川神社は 歴史も古く天暦5年(951年)、蓮林僧正が霊夢を見て、現在の赤坂四丁目のあたりに奉斎したと伝えられ 享保15年(1730年)、江戸幕府第8代将軍徳川吉宗の命により、現在地に遷されました。
akskhkwlast (1).jpg
赤坂の一等地にありますが 自然がそのまま残っています。
akskhkwlast (4).jpg
庭園には池や石組みがあります。
akskhkwlast (2).jpg
神池にかかる太鼓橋は昭和12年頃に架けられた鉄筋コンクリート製の橋です。
akskhkwlast (3).jpg
創建当時のものなのか 祠か石碑のようなものも見えます。
akskhkwlast (5).jpg
一の鳥居。
aksksnd.JPG
趣きのある参道 ここから氷川坂に出ます。
hkwzk.JPG
氷川坂(東京都港区赤坂6丁目8番と10番の間) 標識には「ひかわざか・八代将軍徳川吉宗の命で建てられた氷川神社のもと正面にあたる坂である」とあります。
氷川坂を下り 赤坂通りに出てメトロに乗り 帰宅しました。
(写真は 3月下旬に参拝したときのものです)
タグ:神社・寺院
posted by うめのはな at 08:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 港区・品川区

2016年08月14日

赤坂氷川神社 西行稲荷神社

四合稲荷神社の先の高台の岩にお稲荷様が祀られています。
akskhkwsigyo (1).jpg
西行稲荷神社
akskhkwsigyo (2).JPG
享保の時代、田町5丁目(現在の赤坂3丁目付近)に西行五兵衛というものがおり、榎坂を通行中に狐の形をした三寸程の稲荷のご神体らしい像を拾い、勧請したため、「西行稲荷」としました。
akskhkwsigyo (3).jpg
岩を組んだ高台にに祠や穴があります。ちなみに歌人の西行とは何の関係もないです。
akskhkwsigyo (4).jpg
町の発展に伴い、大正10年氷川神社境内に遷宮し、別名「火伏の稲荷」ともいわれ、火災除のご利益があるといわれています。
毎年5月に田町三四五町会が中心となり例祭が行われます。
akskhkwsigyo (6).jpg
下部の岩穴にも狐様が祀られています。
横にあるのは 布袋様?
akskhkwsigyo (5).JPG
布袋様のとなりには とても古そうな祠がありました。
タグ:神社・寺院
posted by うめのはな at 07:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 港区・品川区

2016年08月13日

赤坂氷川神社 四合稲荷神社

石段向かって右手に鳥居があります。
aksksaws (5).jpg
鳥居の奥に 氏子勝海舟翁参拝の四合稲荷が境内に鎮座しています。
aksksaws (1).jpg
四合稲荷神社 しあわせいなりじんじゃ
四合稲荷社の社殿は明治31年建造。同年に4つの稲荷社を合併して出来た社なので四合で、「しあわせ」と読む。勝海舟の命名による。現在は更に4社を合祀している。
aksksaws (4).jpg
勝海舟所縁の四合稲荷神社は 明治31年に古呂故稲荷神社、地頭稲荷神社本氷川稲荷神社、玉川稲荷神社を合祀して出来た神社。
aksksaws (3).jpg
四合稲荷神社
1.古呂故稲荷(赤坂一ツ木二番地、古呂故天神社境内に鎮座)
2.地頭稲荷(氷川神社遷座以前より拠の地に鎮座)
3.本氷川稲荷(本氷川神社隣接、別当盛徳寺の地内に鎮座)
4.玉川稲荷(赤坂門外の御城端、源弁慶橋のあたりに鎮座)
以上、四社を明治三十一年、遷座合祀し、赤坂在住の勝海舟翁により「四合(しあわせ)稲荷」と称えられる。
大正十四年に、鈴降稲荷神社(赤坂一ツ木町に鎮座)及び、縁起稲荷神社(赤坂丹後城下に鎮座)二社を、また昭和九年に、明徳稲荷神社(赤坂新町に鎮座)を、遷座合祀し、現在に至る。 (説明板より)
タグ:神社・寺院
posted by うめのはな at 08:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 港区・品川区

2016年08月12日

赤坂氷川神社 額堂

都会の喧騒から離れた 緑多い境内です。
akskhkwkidn (4).jpg
都心の一等地 氷川神社のまわりだけが落ち着いた雰囲気で パワースポットのように静寂です。
akskhkwkidn (2).jpg
築地塀の内側にあるのが 、「ま」組火消し絵馬が収まる額堂。戦前の建造。
『ま』組は赤坂・六本木界隈を受け持つ町火消しで、この絵馬には火事場に向う気負い立つ火消したちの姿がいきいきと描かれ、明治12年に当神社に奉納されました。その時代の火消しの様子を知るものとしても貴重で、平成5年に文化財の指定を受けました。
akskhkwkidn (3).jpg
月岡芳年筆 「ま」組火消し絵馬」が掲げられている額堂

「本殿を取り囲む内塀の南角にある額堂には、江戸末期から明治初期に活躍した代表的な浮世絵師の月岡芳年が描いた、肉筆の「ま」組の火消し絵馬が1879年(明治12年)に奉納され掲げられています。「ま」組は、氷川神社の北東から南側一帯の元赤坂町・赤坂裏伝馬町・赤坂田町・麻布今井町界隈の火消しを受け持ち、気負い立つ火消したちの姿がいきいきと描かれているそうです。また、額堂には「ま」組の火消し絵馬とともに、江戸時代末期から初期にかけての著名な画家・河鍋暁斎や月岡芳年・柴田是真の描いた絵馬が6点掲げられています。絵馬は、平成5年に港区の文化財の指定を受けました。」説明文より
akskhkwkidn (1).jpg
氷川坂に行く石段にある鳥居です。
akskhkwkidn (5).jpg
石段は古いままで 巴紋
akskhkwkidn (6).jpg
赤坂氷川神社 苔むす石段
タグ:神社・寺院
posted by うめのはな at 07:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 港区・品川区

2016年08月11日

赤坂氷川神社 石灯籠

社殿前の鳥居ですが 台座に注目します。
akskhei1 (1).jpg
彫刻があるのですが 左の台座に 「不」 のような文字があります。几号(きごう)水準点です。
akskhkwisdr (3).jpg
几号(きごう)水準点とは明治初期(明治初年からとも、明治7年、明治9年からとも)に高低測量を行うために設けた基準となる測量点です。
イギリス式の測量法に従って漢字の「不」に似た記号を不朽物(恒久的に残るであろうもの)に刻印したり、「不」を彫った標石を埋めて水準点としました。
akskhkwisdr (1).jpg
社殿を囲む塀は 神社には珍しい築地塀で囲まれています。黒門が見えています。
akskhkwisdr (6).jpg
天水桶らしきものがありました。
akskhkwisdr (2).jpg
氷川神社には石灯籠が沢山あります。4基は港区の文化財に指定されています。
akskhkwisdr (8).jpg
【港区の文化財 氷川神社の石燈籠 4基】
「門外の2基は、遷座の年に岡崎城主老中水野忠之が奉納したものです。
水野忠之は吉宗が行った享保の改革の前年を主導した老中です。
幕府財政の立て直しに尽力した人物で、吉宗との強いつながりをこの石燈籠からも伺うことができます。
岡崎藩水野家は吉良邸討入り後の赤穂浪士9人を三田の中屋敷に預かった家としても知られています。

平成7年3月27日
港区文化財総合目録登録
港区教育委員会」
akskhkwisdr (7).jpg
門内の本殿前に立つ2基は、赤坂表伝馬町・裏伝馬町・元赤坂町(現在の元赤坂1〜2丁目)の講中が、1724年(享保9年)閏4月に奉納したものです。氷川神社が現在の地に遷座したのは同15年であるため、遷座前の「古呂故が岡」(現在の赤坂4丁目1付近)にあったときからのもので、遷座の際に移されました。門外の2基は、遷座の年に岡崎城主老中水野忠之が奉納したものです。(説明文より)
タグ:神社・寺院
posted by うめのはな at 07:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 港区・品川区

2016年08月10日

赤坂氷川神社 狛犬たち

赤坂氷川神社には7対の狛犬さんがあるそうです。
akskhkwkom (9).jpg
威圧感のある岡崎古代型狛犬。
akskhkwkom (8).jpg
建立 昭和11(1936)年
akskhkwkom (6).jpg
石段の下にある大正期に建立された狛犬
akskhkwkom (7).jpg
建立 大正4(1915)年
akskhkwkom (4).jpg
境内のほぼ中心部にある大きな獅子山の狛犬
獅子山には必ず子獅子がいます。右下です。
akskhkwkom (5).jpg
建立 明治15(1882)年
akskhkwkom (2).jpg
典型的な江戸獅子
子獅子が両方にいる。普通は片方に1匹か2匹です。
akskhkwkom (1).jpg
建立 弘化3(1846)年
akskkoma.JPG
何とも言えない狛犬さん。頭は平らで穴があります。カッパ型・・・・
建立 延宝3(1675)年
akskhkwkom (3).jpg
デフォルメされたような狛犬さんですが 境内でいちばん古いのがこれ。延宝3(1675)年の建立。これは今のところ都内で2番目に古いといわれている狛犬です。(都内最古は目黒不動にある承応3=1654年)

残り2つは 確認できませんでした。
何でも 一つは摩耗して岩とみわけがつかないとか。。。
タグ:神社・寺院
posted by うめのはな at 08:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 港区・品川区

2016年08月09日

赤坂氷川神社 社殿

奥に進みます。
aksakahkw (4).JPG
境内図(HPより)
akskhei1 (1).jpg
二つ目の鳥居の奥に 楼門と社殿が見えています。
akskhei1 (6).jpg
楼門 内側から
akskhei1 (4).jpg
社殿
御由緒
 天暦五年創祀以来、地域の信仰篤く、忠臣蔵浅野内匠頭夫人遙泉院実家だった現地に、享保十五年将軍吉宗公により遷座。江戸七氷川、元准勅祭東京十社の一。八代より十四代まで将軍朱印状・神馬額絵等文化財多数あり。氏子勝海舟翁参拝の四合稲荷が境内に鎮座。
akskhei1 (5).jpg
2010年から 改修工事が行われて今年 終了したばかりで赤い漆がきれいです。
akskhei1 (2).jpg
氷川神社社殿
この社殿は、本殿・幣殿・拝殿の三つの建物が一体となった、いわゆる権現造りの形式です。
江戸時代の第八代将軍である徳川吉宗によって享保一五年(一七三〇)に建てられました。吉宗は「享保の改革」と呼ばれる倹約政策をとったことで有名で、社殿にも当時の質実簡素な気風を見ることが出来ます。通常は将軍の寄進するような社寺であれば、軒下の組物を何重にも重ねたり、彫刻や彩色などで飾り立てたりするのですが、この社殿の組物は簡素で、彫刻も目立ちません。しかしただ質素なだけではなく、大きな雲形組物や吹寄せ垂木など軽快な意匠を取り入れる工夫も見られます。また全体は朱塗漆としながら、部分的に黒漆塗や黒色金具を用いることで引き締まった印象となっています。(東京都教育委員会)
タグ:神社・寺院
posted by うめのはな at 07:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 港区・品川区

2016年08月08日

赤坂氷川神社 大イチョウ

鳥居をくぐった左手に 小さな神社があります。
akskheito (2).jpg
九神社
天祖神社・春日神社・鹿嶋神社・八幡神社・諏訪神社・秋葉神社・厳島神社・金刀比羅神社・塞神社、以上の九社を合祀したお社です。
akskheito (1).jpg
ご神木の大楠
akskheito (6).jpg
その奥 中央には樹齢400年を超す立派な銀杏の木
akskheito (3).JPG
港区指定文化財 天然記念物 氷川神社のイチョウ
               東京都港区教育委員会
目通り(地上1.5mの高さ)の幹径約2.4m、幹周約7.5mを測る樹齢400年の巨樹です。神社が現在地に建立された享保15年(1730年)には、すでに100年を越える樹齢を有していたこととなり、それ以前からこの地で成育していたと考えられます。
イチョウは生きた化石とも言われ、一億五千万年前には地球上の至る所で生い茂っていました。氷河期に絶滅しかけましたが、中国大陸南東部に残っていたものが、日本に渡ってきたといわれています。落葉性の大木で成長も早く、高さ30mにも成長します。雌雄異株であり、この木は雄株です。
港区内に現存するイチョウでは、最大である善福寺「逆さイチョウ」(国指定天然記念物)に次ぐ大きさと樹齢を保っている貴重な樹木です。
akskheito (4).jpg
生きた化石の大イチョウ
樹の裏側にまわると大きな空洞と焼け痕が見られます。昭和20年5月に受けた空襲の爪痕です。
akskheito (5).jpg
包丁塚
赤坂青山辺りは飲食店が多く 料理で使った刃物を慰霊するための塚です。
タグ:神社・寺院
posted by うめのはな at 08:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 港区・品川区

2016年08月07日

赤坂氷川神社 1

二十歳くらいの頃 赤坂8丁目に住んでいました。
IMGP8627 (479x549).jpg
外苑東通り沿いで この通りの先に乃木坂(乃木神社)があり 六本木交差点まで続いています。
aksakahkw (5).JPG
左に行くとカンボジア大使館やアジア会館があり だらだらと坂を下ると赤坂通り TBSへと続いています。
ミッドタウンやは元防衛庁跡です。
aksakahkw (1).jpg
その先にあるのが 赤坂氷川神社です。 港区赤坂6-10-12
桧町公園までは遊びに行ったことがあるのですが氷川神社に行ったことはなかったです。
今回はじめて 行きましたがこのあたりは 都会のど真ん中とはいえ 少し雰囲気がちがい大きなお屋敷も多い場所です。
aksakahkw (3).jpg
赤坂氷川神社/浅野土佐守邸跡
八代将軍吉宗が建立した神社。元禄のころは浅野土佐守の屋敷がありました。内匠頭が切腹した時、夫人の瑶泉院はここ実家の浅野式部小輔長照のところに引き取られました。講談などで語られる「南部坂雪の別れ」に出てくる南部坂はここから東北方にあります。
aksakahkw (2).jpg
御由緒
 天暦五年創祀以来、地域の信仰篤く、忠臣蔵浅野内匠頭夫人遙泉院実家だった現地に、享保十五年将軍吉宗公により遷座。江戸七氷川、元准勅祭東京十社の一。八代より十四代まで将軍朱印状・神馬額絵等文化財多数あり。氏子勝海舟翁参拝の四合稲荷が境内に鎮座。

本殿正面の鳥居から 入ります。
タグ:神社・寺院
posted by うめのはな at 06:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 港区・品川区

2016年08月06日

所感

暑いし どこでゲリラ豪雨に会うかわからないし 出かけることもせず引きこもり状態のこのごろです。
さすが 都知事選挙だけは行きましたが それ以外はほとんど外に出ていません。
そろそろ 散歩にでかけたいのにこう暑くちゃねぇ〜
その選挙の時 期日前投票でしたが 出口調査とやらを受けました。
単に どの候補にいれたのを聞くのかと思ったら アンケート込みでした。
年代 支持政党 候補者 入れた理由 (6つくらいから選択) 当選者に期待すること(これも選択制) 支持政党 最後に安倍内閣を支持するか否か のアンケートでした。
こういう 事前の調査で 大体の予想をするのですねーーー
報道によれば 金曜頃には データー的に確定していたようです。
それに当日の 出口調査を含めて 8時ちょうどに 当確 を出したようです。
まぁ もっと接戦になるのかと 思いましたら あっけなく・・・の感じでした。
候補者の本気度が 都民にわかった選挙でした。
こんなに 楽しめて 面白い選挙はなかったです。
totyo.jpg
昨日 東京都のHPを見たら とても見やすくなっていて 驚きました。
ずっと 何がどこにあるのかわかりにくいHPでしたから 本日のお知らせ更新だけしか見ていなかったのですが TOPページからどこを見るのも 見やすくなっていて動画や写真も多く センスがよくなっていました。
定例記者会見 もTOPから生中継でみることができるようになっていました。
こんな風に やろうと思えば すぐやれるんだ〜と改めて 思った次第です。
posted by うめのはな at 08:16| Comment(0) | TrackBack(0) | エトセトラ

2016年08月05日

カップヌードルミュージアム 終

4階から 外に出ることができます。
cup4f (1).jpg
展望デッキからの眺めです。
cup4f (2).jpg
みなとみらいの海景色を一望できます。
cup4f.jpg
新港パークはネーミングライツ導入により「カップヌードルミュージアムパーク」となっています。
cup4f (3).jpg
1階には『ミュージアムショップ』があります。
cup4f (4).jpg
ここでしか買えないグッズについ 目が行ってしまいます。
cupfact.jpg
カップヌードルフォームズ
デザイナー・佐藤オオキさんが手掛けたセラミック製の“カップヌードル”容器
容器の形状が少し変化するだけで、その見え方や印象は大きく変わることから 新しい発見が生まれます。
クリエイティブな発想の原点となる6つのキーワードを設定した 体験型ミュージアムでした。
posted by うめのはな at 08:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都以外

2016年08月04日

カップヌードルミュージアム 3〜4F

3Fには 、自分オリジナルのカップヌードルを作ることができるマイカップヌードルファクトリーがあります。
cupndmen (1).jpg
自分でデザインしたカップに、4種類の中から好きなスープと、12種類の具材の中から4つのトッピングを選べます。
1食300円で 予約制。整理券が必要です。残念ながら 終了でした。
cupndmen (2).jpg
チキンラーメンファクトリーというチキンラーメンを手作りできる料理教室コーナー。
事前予約制。有料。こちらも 予約いれないとダメでした。
90分かけてチキンラーメンを手作りする体験工房です。
cupndmen (4).jpg
4Fには NOODLES BAZAAR ワールド麺ロードがあります。
cupndmen (3).jpg
?世界8か国の麺類が屋台形式で食べられます。
cupndmen (5).jpg
カップヌードルパーク  小学生以下のみ。
カップヌードルの製造工程をいろいろな遊具で遊びながら体感できます。
posted by うめのはな at 08:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都以外

2016年08月03日

カップヌードルミュージアム2F

インスタントラーメンを発明した日清食品創業者の「安藤百福」の像です。
mmfkhstr (8).jpg
「人生に遅すぎるということはない」という名言を残しました。
mmfkhstr (6).jpg
安藤百福名言の数々
mmfkhstr (5).jpg
NEVER GIVE UP
mmfkhstr (7).jpg
トリックアートコーナー
mmfkhstr (1).jpg
佐藤可士和総合プロデュースの「カップヌードルミュージアム」
mmfkhstr (2).jpg
同じものを違う角度で見てみると新しい発見が!飛び出した麺をよ〜く見ると・・文字が。。
mmfkhstr (3).jpg
錯覚を楽しめたり 、触れば壁面いっぱいにCG映像が現れたり 百福シアターがあったりするコーナーです。
posted by うめのはな at 08:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都以外

2016年08月02日

カップヌードルミュージアム 安藤百福ヒストリー

クリエイティブシンキングボックスというものがあります。
cupmomofk (1).jpg
説明文
cupmomofk (2).jpg
図解
cupmomofk (3).jpg
創造的思考はこんな風にして見つけていくのですね。
cupmomofk (6).jpg
「クリエイティブシンキング(創造的思考)」を「なんでもヒントにする」「あきらめない」「常識にとらわれない」など、6つのキーワードがあります。
cupmomofk (5).jpg
壁一面にわかりやすく表現しているので子供も楽しめます。
cupmomofk (8).jpg
身近なところに 意外な発見があるものです。
cupmomofk (4).jpg
安藤百福ヒストリー
cupmomofk (7).jpg
安藤氏の生涯や発明・発見、事業成功の秘密などを全長58メートルの壁面に写真やイラストを使って展示。
posted by うめのはな at 06:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都以外